セルフ・リーダーシップ力育成研修

セルフ・リーダーシップ力育成研修

概要

「セルフ・リーダーシップ」とは自分自身を導く力のことです。自らがどのような状態を望むのかを認識し、望む方向へ成長するためには何をすべきなのかを考え、主体的に行動する力のことです。セルフ・リーダーシップの発揮は、主体的に行動することを意味します。
セルフ・リーダーシップが注目を集めるようになった背景には、管理職が人材育成に時間をかけられなくなったこと・働き方の多様化に伴い、キャリアは働く人それぞれが考える時代になったこと等があげられます。いまや働く全ての人にとって必須の力です。また将来的にリーダーシップの発揮が期待されている方には、非常に重要な力でもあります。
本研修ではリーダー候補の方を対象に、セルフ・リーダーシップ力を習得していただきます。豊富なケーススタディで実践的な内容です。

効果

    • 自らのマインド・セットの存在に気づき、成長型マインド・セットに移行するために新しい視点を獲得します。
    • 仕事・人生における強みを発見し、今後の成長の方向性を見いだせます。
    • 今後どのような能力・スキルが必要となるか、自らの強み・弱みは何なのかを分析し、成長の材料にします。
    • これまでどのような価値観に基づいて行動していたか自己分析をし、自己理解を深めます。
    • キャリアに関する基礎知識を習得することで、自主性・自律性を発揮できる人材を育成します。

カリキュラム

1日コースを掲載しております。

時間内 容
午前■オリエンテーション

1. セルフ・リーダーシップとは

2. 自らの仕事とキャリアについて理解する
・どんな経験がキャリアをつくるのか?
・キャリアの考え方
・外面的なキャリアと内面的なキャリア
<実習>
・仕事の経験を語る
・職務と役割アセスメント
・役割ネットワーク

 

セルフ・リーダーシップとキャリアについて解説した後、キャリアがどのようにつくられ、どのように考えていくのが良いか、など「キャリア」についての基礎的知識を解説。また、キャリアに対する考え方が人それぞれであること、その違いがどこから生じるかについても講義します。
実習では「職務と役割アセスメント」で現状のキャリア分析をし、「役割ネットワーク」の中で自らの能力やスキルをどのように発揮しデザインしていくかを考えます。

午後3. セルフ・リーダーシップのあり方
・みんながリーダー
・自分の価値観を知る
<実習>キャリア指向チェック4. セルフ・リーダーシップの発揮と組織の関係
・「問題」と不満は似ている?
・自責の人/他責の人
・考え方・行動の「パターン」を知る
<実習>
・考え方と行動のパターン
・未来を描く
仕事では強い「セルフ・リーダーシップ」を必要とする状況に遭遇することがあります。セルフ・リーダーシップに対する知識の有無や自らのモチベーションがどこから来ているか知っていることが柔軟な対応を生み、新たな解決策をもたらしてくれます。 実習を交えながら、セルフ・リーダーシップ発揮に役立つ知識・スキルを習得します。

 

その他サービス

  1. 自らを成長に導く
  2. 時間をうまく使う
  3. 組織を活性化するリーダー
  4. 大きく成長飛躍する
  5. ストレスと変化に強い心を育てる
  6. 仕事の生産性を上げる
  7. 聴くスキルと話すスキル
  8. 柔軟に考えて行動する女性リーダー
  9. 問題を解決して新しい未来をつくる
  10. 健全なフィードバック
  11. 成長の方向性を知る