【ワークショップ リーダーシップを取り戻す5日間】のご案内

ストレス低減で免疫力向上

“Recover Your Leadership 5DAYS”
リーダーシップを取り戻すためのワークショップ
~ 新型コロナウィルスからあなたと社員を守るためのマインドセット ~

 

1.ワークショップのねらい

 

新型コロナウィルスの襲来・それに伴う非常事態宣言・自粛期間の延長により、企業は大打撃を受けています。かつてない恐慌が訪れるとの予測も出ています。一刻も早い収束が待たれますが、 この状態が落ち着いても社会も個人の生活も元には戻りません。ほんの数カ月で世界は変わってしまったのです。今こそリーダーは状況を冷静に見定めて進む方向を定める必要があります。正解がどこにあるのか、それは前に進んだ人だけが知るのです。
ところが、この事実を受け止めきれずただ茫然としているリーダーが多いのが現実です。嘆き悲しみたくなるのは人間として自然な行為ですが、時は待ってくれません。みんなが傷ついている今、リーダーが自分自身と共に働く社員のために動かなければ、事態は何も変わらないのです。
このワークショップは、そのようなリーダーのために立ち上げました。まずはリーダー自身が思考停止状態から抜け出し現実に向き合う、自分自身と組織にできることを再認識する、さらには将来のビジョンを描くというプロセスを経ながらリーダーシップを取り戻していただきます。NLPやレジリエンスの調査研究、リーダーシップ論やキャリア理論をベースに構成しています。

リンク:レジリエンス・トレーニングの概要 ご紹介

2.ワークショップの効果

次の効果が期待できます。

  • ショック状態・強いストレス状態から立ち直る
  • ニュートラルな状態を取り戻し、現状を受けとめる
  • 事業に対する新たな価値観をつくる
  • 自分自身と従業員のレジリエンスを高める
  • 事業に対する建設的な姿勢を形成し、新たなビジョンをつくる
  • パターンからの脱却

 

3.プログラム

本プログラムは3時間のワークショップ×5会合で構成しております。

テーマ・項目内容
DAY 1テーマ「落ち込みを止める」

■オリエンテーション
■アイスブレイク
自己紹介・現状報告・気分メーター・3Good things
1.すべての人に必要なレジリエンス
1)レジリエンスとは
2) 新型ウィルスと私達
2.レジリエンス強化の全体像
1)レジリエンス強化のステップ(底打ち・立ち直り・学習)
2)今一番必要なのは「心」の回復
・ストレスとは何か
・経験・状態を受け入れる
・ネガティブな感情の悪循環から抜け出す方法
★ワーク 呼吸・ストレスケアの方法を考える・3Good things

■落ち込むのは当たり前ですが、どこかで止めなければ落ちていくだけです。初日は現状を客観的に受け止めることからスタートします。
■ワークショップのねらいや進め方についての説明
■現状についてメンバーで共有をし、今の気分を数値で表します。■レジリエンスとは一体何か、なぜ必要なのか、仕事や人生とどう関係があるのか?レジリエンスを強化するためのステップなどを解説した後、今の状態から抜け出すための方法を学びます。★ストレスケアの方法は1人100個考えます。 
DAY2テーマ「立ち直る」
■アイスブレイク
現状報告・気分メーター・3Good things・ワーク共有
1.思い込みのパターンに気づき、手放そう
1)ネガティブな感情を生む思い込みのパターン
2)思考・反応のパターンを知る
3)SPARKモデルで考える★ワーク1 思い込みのパターンを分析する①②
★ワーク2 ストレスケアの実践
★ワーク3 自己発見のワーク①
■ネガティブな体験・感情から立ち直るプロセスに移ります。■3Good thingsは継続して行います。前回の課題「ストレスケア」について共有します。
■同じ経験をしても人それぞれに感じ方が違います。そのことに気づき、経験から私達はどのように感情を生み出すのかそのプロセスを学びます。次にじ方・考え方を変える方法があることを学びます。★ワークの2・3は各自のホームワークです。
DAY3テーマ「個人と組織の強みに気づく」
■アイスブレイク
現状報告・気分メーター・3Good things・ワークの共有
1.「できるかもしれない」「できる」という気持ちをつくるために
1)成功体験
2) 励ましの言葉
3)心と身体の状態
2.「強み」とは何か
1)強みの要素
2) 問題解決と目標設定(未来をイメージする)★ワーク1 仕事・人生経験のインタビュー
★ワーク2 自己発見のワーク②
★ワーク3 ストレスケアの実践
★ワーク4 個人と組織の強み・できることに気づく
★ワーク5 気分が上がるモノ・コトの準備
 

■人は「できないこと」に注目すると動けなくなり、やる気が起きません。そこで3日目は「何ができるのか」「強みは何か」に焦点をあて、行動につなげていくための日です。
■「自分にもできるかもしれない」という気持ちをつくるために必要な要素があります。まずはご自身の中のその要素をワーク1と2を通して見つけます。
■強みの考え方・現状でどのように強みを活かすのかを解説し、各自ワークの4「個人と組織の強み・できることに気づく」に取り組んでいただきます。

★ワーク3・4・5は各自のホームワークです。

 

DAY4テーマ「つながりを見つける・つくる」
■アイスブレイク
現状報告・気分メーター・3Good things・ワークの共有1.「つながり」「人脈を持っているか?
1)5つのネットワーク★ワーク1 ネットワークの探索
★ワーク2 ストレスケアの実践
★ワーク3 気分が上がるモノ・コトの準備
■支援してくれる人の存在は、私たちに苦境を乗り切る力を与えてくれます。ワークではどんな人たちにどんな支援を受けてきたかふりかえり、今何が足りないかを考え、これからつくる方法を考えます。
DAY5テーマ「個人と組織の未来を考える」
■アイスブレイク
現状報告・気分メーター・3Good things・ワークの共有1.今必要な問題解決とは?
1)従来型の問題解決
2) 「外」「人」に目を向けた未来志向の問題解決★ワーク1 「なりきり」ダイアローグ
★ワーク2 フューチャー・ペーシング
★ワーク3 気分が上がるモノ・コトを活用する
★ワーク4 自社のプロセスを考える
■最終日はいよいよリーダーシップを取り戻すためのワークショップです。リーダーの重要な仕事「未来へのビジョンを示す」に取り組みます。

■今まさに問題解決に迫られているのですが、このような誰も経験したことのない環境においては従来型の方法ではうまくいきません。未来を強く意識した問題解決が必要です。ここではNLPのワークの一つフューチャー・ペーシングと未来志向の問題解決の手法を取り入れて、新しい視点で未来をイメージします。

★ワーク4は各自のホームワークです。

 

リンク:レジリエンス・トレーニングの概要 ご紹介

4.実施条件・費用

緊急事態宣言発令中は基本的にオンラインで行います。
環境については、随時ご相談に応じます。
費用については、緊急事態宣言発令中は中小企業応援施策として特別に無償でご提供いたします。
詳細についてはメールでお問い合わせください。
お問あわせフォーム(クリックすると問合せフォームが開きます)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 問題解決
  2. 考える力
  3. 雑誌大阪春秋表紙
  4. オンライン研修
  5. オンライン研修の様子

カテゴリー

セミナーのお知らせ

直近のセミナーのお知らせ

直近のセミナーご案内

メールマガジン登録はこちらから